蔵王町遠刈田温泉  元窯の陶芸体験

宮城の蔵王町で織部や白磁を造る元窯.   元窯の陶芸体験の紹介

鈴木智の辰砂片口について

片口で作者を見ると大体分かってしまいます
つまり片口には力量を見るポイントが沢山あるからです

実際の使い勝手 これは一番重要ですが意外と注ぎにくいとか口の位置が低くて水分が半分位しか入らないとか
持ちにくい等 こんな小さな器の中に作者の頭の中が見えてくるもんです

まあ使いやすくて充分に美しくて経年変化が良いとなると見つけるのが大変です。

で 私の片口はこれです

画像 157


画像 159

どうでしょうか?
  1. 2010/07/02(金) 15:45:05|
  2. 焼物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<村田町元窯にて夏の器展を開催します | ホーム | マタマタ下手くそブルースギターを弾いた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hatsumisuzuki.blog108.fc2.com/tb.php/381-0ff743b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

元窯

Author:元窯
陶芸家  織部 灰釉 白磁 辰砂など製作

素人ブルースギタリスト

工房 ショップ   宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉逆川9-3
電話  0224  26  9530
メール  oribe.gokuraku@gmail.com

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード