蔵王町遠刈田温泉  元窯の陶芸体験

宮城の蔵王町で織部や白磁を造る元窯.   元窯の陶芸体験の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手羽を理想的に焼く方法が分かった

Laura - Charlie Parker




まあこんな感じのムード満点なバードの演奏を聴きながら食べましょう

画像 200


画像 197


つまりボールに入れた手羽先に酒を振りかけて塩 胡椒をしてガンガンかき混ぜて少しおいて 250度で15分焼く

これだけで非常に良い結果が出た

シンプルだがいきなり美味である

お好みでにんにく入れても良いかもね

お試しあれ
  1. 2010/04/01(木) 20:14:19|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<とっても不思議なギターを弾く J.J. Caleって凄いぜ | ホーム | 映画 海辺の家 を観た>>

コメント

bigheadさん

西田佐知子さんの歌には白磁の酒器が似合いそうですね
投げやりそうでキチンとしている感じですね
Parker with stringsは企画間違ったけど結構楽しめる感じでしょうか

まあ私の家は子供がみんないなくなったので出来るだけ波風を立たせない必要性があるのです!
要するに我が家の無理やりムード音楽ですよ

とにかくこの手羽先は完成形と言っても良い物です
案外美味しいものって簡単に作れるものと思います

  1. 2010/04/01(木) 21:45:56 |
  2. URL |
  3. 職人 #-
  4. [ 編集]

焼がいいってば!!

 Parker with strings は紅白歌合戦の弘田三枝子のような味わいでしょうか。それにしてもこの鳥は旨そうです。副えられたサラダの新鮮な輝きとともにグッとくる照りです。下味と焼がいいのですね。拙者は我が家に訪れた二羽の美しい白鳥の如き小瓶子から注がれた清い水を純白の輝きの杯にていただいております。こんな幸せの瞬間に聴きたいのはなぜか西田佐知子です。60年代の日本のサウダージです。
  1. 2010/04/01(木) 21:15:56 |
  2. URL |
  3. bighead #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hatsumisuzuki.blog108.fc2.com/tb.php/355-3f4b0108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

元窯

Author:元窯
陶芸家  織部 灰釉 白磁 辰砂など製作

素人ブルースギタリスト

工房 ショップ   宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉逆川9-3
電話  0224  26  9530
メール  oribe.gokuraku@gmail.com

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。