蔵王町遠刈田温泉  元窯の陶芸体験

宮城の蔵王町で織部や白磁を造る元窯.   元窯の陶芸体験の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

  お母さま、どうか泣かないでください

Górecki Symphony No. 3 Sorrowful Songs II movimento





以前から気になっていた悲しく美しい音楽で長い間正体がわからなかった


先日子供を学校に送って行く時 偶然ラジオで流れ  うーーーーーーーーーーん  やはり凄いと思った  強く求めると得られるものである

色々調べて随分悲しい背景がある音楽であることを知った  

歌詞はゲシュタポの地下牢の壁に、少女が「お母さん、泣かないで、私のことはいつも天国の女神様が守ってくれるから」と遠くにいる母に宛てて書き記した言葉だそうです

詳細1
詳細2

私は悲しい音楽に反応する人間です


自分の子供達の未来を考えた



以上
  1. 2008/07/30(水) 20:24:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<びっくり仰天なリズム天才芸術家   BADI ASSAD | ホーム | サザエでお腹いっぱいだよーーーーーん>>

コメント

いもむしさん

矢野顕子さんの さようなら 聴いたことないです
なんとか探します
友部正さんの あいについて これはいま聴きました
友部正さんの曲をはじめてちゃんと聴きました
そういえば私は日本のフォークをあまり聴いた事がありません

いい曲ですね  矢野さんが歌っているの 聴いてみたいです

いもむしさんは幅が本当に広いe-460

あいについては同名でスガシカオさんが歌ってのはケッコウ好き
  1. 2008/09/19(金) 16:36:47 |
  2. URL |
  3. 元窯 #-
  4. [ 編集]

悲しい曲だからといって、
暗い静かな曲である必要はないと考えております。

I say a little prayer

なんか、
悲しい曲ですよね。

「小さな願い」

色々な人が歌っていますが、
アレサが歌うのが好きです。

あと、
矢野顕子の
「さようなら」
作詞・谷川俊太郎 作曲・谷川賢作

ものすごく悲しいです。

ぼくもういかなきゃなんない
すぐいかなきゃなんない
ひとりでいかなきゃなんない
すぐいかなきゃなんない
どうしてなのかしらないけど
おかあさんごめんなさい

タイトルに「さようなら」とありますが、
歌詞には「さようなら」は出てきません。
矢野さんの声とピアノでお聴きください。

友部正人の「愛のついて」

これも矢野さんがピアノで歌っています。





  1. 2008/09/19(金) 02:42:07 |
  2. URL |
  3. いもむし #-
  4. [ 編集]

いもむしさん

なにか悲しい音楽を紹介していただきたいのですが

このオケ映像については分かりません

これ全部聴くと又違った凄さがあります

週に一度は聴いてます
  1. 2008/09/17(水) 18:00:51 |
  2. URL |
  3. 元窯 #-
  4. [ 編集]

mikkさんと同じ考えを持つ者です・・・

悲しい音楽に異様に反応するワタクシです・・・

そして、
このオケ映像は、
セットで撮影したものなのか、
それとも・・・・

  1. 2008/09/15(月) 00:17:48 |
  2. URL |
  3. いもむし #-
  4. [ 編集]

mikkさん

同感です

同苦するという心こそ大事ですね
  1. 2008/08/03(日) 23:01:49 |
  2. URL |
  3. 元窯 #-
  4. [ 編集]

意外に人を深く結びつけるのは
悲しみであったり
心の痛みであったりするのかも、と思います。
こちらも、感傷的なもので。
  1. 2008/08/03(日) 19:43:40 |
  2. URL |
  3. mikk #GR2Oj7Bc
  4. [ 編集]

銀さん

随分前にラジオで聴いて  ウワーー
この曲好きだなーって思ってました

先日謎が解けたわけですが  そうなんだ
と了解したわけです これ全部聴くと本当にいい曲ですよ

まあ言葉が分からんので感じ方は人によると思います

私も驚きましたから

暗い物好きなもんで
  1. 2008/08/01(金) 18:25:10 |
  2. URL |
  3. 元窯 #-
  4. [ 編集]

あんまり小生が夢中になれるタイプの音楽ではないのですが、やっぱり良いですね。
うちの女房は見当違いにも「朝にピッタリのさわやかな音楽」と旅行から帰った明朝に申しておりました(笑)
一理あるような気もします。
  1. 2008/08/01(金) 17:58:56 |
  2. URL |
  3. 銀 #F.S2sd/w
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hatsumisuzuki.blog108.fc2.com/tb.php/161-df91f29e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

元窯

Author:元窯
陶芸家  織部 灰釉 白磁 辰砂など製作

素人ブルースギタリスト

工房 ショップ   宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉逆川9-3
電話  0224  26  9530
メール  oribe.gokuraku@gmail.com

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。