蔵王町遠刈田温泉  元窯の陶芸体験

宮城の蔵王町で織部や白磁を造る元窯.   元窯の陶芸体験の紹介

ビーフシチューと女性のコミュニケーション能力の高さの問題について



ビーフを焼いた後赤ワインを入れてソースにする


苺のミルフイユ




このカスタードクリームはもうたまりませんよ




カットするのが非常に難しい
先生が落っことしてしまった


昨日も中身の濃いデリスのお教室であった

シチュウを煮るときにガストリックという初めて聞く物が重要とゆう事を知ってしまった ガーーーーン

しかし私がいつも尊敬するのは女性のコミュニケーション能力の高さである、私は以前お茶を習っていた事があり分かってはいたが本当に女性同士はすぐに打ち解けてどんどんお友達になってしまう
あっという間に色々と楽しいお約束をしてしまう

イヤーーーー凄いもんだ


ビーフシチュウ完成の図

画像 2022

勿論最高のお味
もっとも私は殆ど何もしてませんでしたが、頂く時はでかい顔で食べます


デザートの苺のミルフイユ


画像 2024

もったいないのでお土産にしました

妻のご機嫌取り用 食品


さてと ビーフの音楽と言えばもうこれしか思い浮かべません

Capain Beefheartのわけが分からんがとても素敵な演奏


Capain Beefheart & His Magic Band - Detroit '71



イヤーーー凄い演奏では無いですか?


以上
  1. 2010/02/26(金) 12:47:18|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山桜釉片口

画像 2012


つい最近出来た新しい釉薬で 織部と辰砂の中間の様な色合いである

現物はもっと緑が強く出ています

前々から私は赤と緑を同時に美しく発色させたかったのです
これは今までのデータで絶対に出来るとふんでいたので取り掛かったが、結局膨大なテストをするはめになってしまった

結論はこんな感じの釉薬になったがやはり一つ一つ全部表情が違い窯出しの時頭がクラクラした

それと釉薬の名前を決める段階で全く思い浮かばない、結局後になってパートナーがにこにこしながら

山桜みたいだね  と一言    アーーーーいいかもね

かくしてこの不思議な釉薬は山桜釉薬となりました

姪  山桜釉片口   鈴木智作


おまけの素晴らしい音楽です



春がいっぱい



この方は大村憲司さんでもう本当に国宝的に素晴らしいギタリストでした

凄いの見付けたのでこれも


Kenji Omura, Kazumi Watanabe, Tomohito Aoki - Georgia on my Mind (1994)





  1. 2010/02/22(月) 16:37:56|
  2. 焼物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

私が思う名ギターソロ  

Grateful Dead - Unbroken Chain





年をとるにつれ偉大さが分かるGrateful Dead

若いときはなんかかったるい感じで駄目でした

Grateful Dead は良い曲が本当に多く又音源も無数にあり実に愉しませてくれる偉大なグループであります

その中でもUnbroken Chainは特に美しい曲です
私はこの曲を聴いたとき鳥肌が立ちました、力が抜けていてそれでいて緊張感がある感じ
美しい旋律とキリリとしたリズム  何よりも

ギターの音がガラスか私の白磁を叩いたような感じではないですか  

というわけで

画像 2005

鈴木智作 りんご釉白磁平茶碗




以上
  1. 2010/02/20(土) 21:34:32|
  2. 私が思う名ギターソロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

灰釉の徳利

画像 1990




超硬い木の灰釉薬で徳利を焼いた


こんな感じの男らしいというかシンプルというか  とにかく灰の持つ力強さを出して見たかった
もうこれは1300度を軽く超える温度で私の窯の限界っぽい所まで持っていった
カリンカリン徳利とでも言うべき物体になった

さて これで何を呑むかが今日の大問題である、まあ地元の最高なお酒 乾坤一なのだが どの乾坤一かが非常に重大な難問となって立ちはだかるのであります

この徳利のイメージをまたまた無理やり音楽でイメージするとこうなります

Tony Joe White - Rainy Night in Georgia




イヤーーー本当にたまらん

この徳利の銘は  超硬木釉薬トニー印徳利 うーーーーん
我ながら素晴らしい名前ではないでしょうか

ついでにトニージョーホワイトのことを表現すると 南部リアル激渋親父  となります


以上
  1. 2010/02/19(金) 11:52:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

陶のお雛さま

画像 1917


画像 1919



新宿高島屋の お雛さまと器展 について

今日やっと梱包を終えてこれから送り出すのであるがいつものバタバタ振りには本当に困った物である
ハッキリ言って私のパートナー鈴木ハツミは頭がお雛さまの事になるとグルグルになるみたいで心と体がばらばらになる

まあこんな感じの作品が出来上がったわけだがなんともお疲れさんと言いたい
ごくろーーーーーーーさんでした

おかげさまで私自身もお雛さまについて少しばかり美意識が芽生えてしまった
可愛い物が少しだけ分かって来た様な今日この頃であります

場所 新宿高島屋 10階 ギャラリー暮らしの工芸

会期 平成22年2月18日から23日まで
   午前10時から午後8時
   最終日 午後5時閉場

下クリックしてくださいませ

暮らしの工芸

私の新しい食器類も出ますので皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます

  1. 2010/02/15(月) 11:09:56|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

紫紅釉瓶子

画像 1981




紫紅釉瓶子を焼いた

紫紅釉薬が流れて動きが有り見ていても楽しい
辰砂の良い感じをもっともっと追求したいと思う


画像 1912


紫紅釉鉢

これに何を盛ろうかな?



以上

  1. 2010/02/13(土) 15:22:54|
  2. 焼物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

織部の大瓶子を焼いた

画像 1886


画像 1884


画像 1887






先日の個展に間に合わなかった瓶子を焼いた
この瓶子は高さが46センチも有り結構神経をピリピリさせながらもなるべくリラックスして制作した
いつものことではあるが釉薬の選定と焼成方に頭を悩ませながらの作業である
勿論形が何より第一である
つまり私流に言えば形のリズムという事である 
 

まあこんな時はリラックスするような音楽でも聴いて出来るだけ淡々としなければ上手くいかない

幸いにして自分で言ってしまうが 綺麗です cool です

さてこの瓶子にイメージが合う音楽となるとなんだべや



The Moon is a Harsh Mistress - Charlie Haden & Pat Metheny



私はPat Methenyはこのタイプの演奏で一番鳥肌が立つのです

Charlie Haden & Pat Methenyこの二人が組めばもう天国の音楽
こんな作品が作りたいのです

しかしそれにしても J.Webbは良い曲を作るもんだ
Jimmy Webb はバカラックと並ぶアメリカの最高の作曲家と思う

そういえば  The Moon is a Harsh Mistress と言えばロバート・A・ハインラインの傑作SF 月は無慈悲な夜の女王 を思い浮かべないわけにいかないが、これって何か関係があるかないかは分からない 有るような気もする  分からん


以上
  1. 2010/02/11(木) 14:20:50|
  2. 音楽と焼き物の関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿タカシマヤ おひな様とうつわ展

パートナーが力を入れているおひな様と私の器の展示会について
以下鈴木ハツミの文章です



画像 1842



毎年新しいお雛さまをつくっています。
ことしは豆雛など手のひらにのるお雛さまができました。

小さくても親王様、三人官女、五人囃子、屏風やぼんぼりなど小物もそろえてみました。
つくっていても楽しいお雛さま
ほかに桃の節句にぴったりな ほんのり紅いうつわもできました。

どうぞ新宿タカシマヤさんにお雛さまに会いにいらしてください。
会場にてお待ちしています。

2月18日(木)~23日(火)
新宿タカシマヤ10F ギャラリー暮らしの工芸

新宿タカシマヤ10F


どうも可愛い物がイマイチ分からない私でありますが お雛さまは興味があります
昔親父がとても小さなお雛さまを製作してましたが、品があって綺麗でした
ハツミも最初それを見て始めたようですが本当に奥が深い お雛さまの世界です



今回はハツミがお店に出ますが 私の赤い器も出品します
  1. 2010/02/08(月) 19:45:20|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

サイケデリック織部

画像 1812


画像 1815


織部釉 つまり銅の発色による木灰釉薬でこれは非常に熱と焼成による変化が著しい
したがって私としてはとってもとっても楽しい発見の連続と相成るわけであります

しかし不安定でなかなか同じ感じにならない、これを安定させるには七面倒な材料をうんとこさ沢山使って平均化させなければならない。
スリルを味わいたい私としてはやはりサイケデリックなライトショウ的めくるめく表現を望むのです

つまりですね 音楽で置き換えると ジャジャーーーン

Quicksilver Messenger Service - Fresh Air




子供の時からずっと大好きなQuicksilver Messenger Service

このギターソロはもうたまらん


以上





  1. 2010/02/07(日) 14:54:34|
  2. 焼物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

仙台の居酒屋 ひで屋について

画像 1887

画像 1848

画像 1849

画像 1870

画像 1874

画像 1872

画像 1881

画像 1855

画像 1844



私の古くからの友人で非常にユニークな経歴と危険な場数を踏んでおられる ジャックさんがなんと居酒屋を始められたというので家族四人で伺った

このブログにリンクさせて頂いている ニューヨーク ジャーキーのジャックさんです
ジャックさんはアメリカでヘルスエンジェルの日本人でただ一人のメンバーでした

ご本人は非常に穏やかなインテリハンサム男で繊細な感受性をお持ちの男前であります


ジャックさんは噂で料理が大分上手らしい事は存じていたが これが噂以上の実力の持ち主で驚き桃の木山椒の木であった

どれもそれぞれに美味しく超美人の友人一人を含めた我々五人はガンガン食べ 尚且つ呑みまくった
特に私が感銘を受けたのはチリビーンズ&コーンチップスとお母様の塩味おでんであった
私の長男夫婦もご機嫌でパクパクがぶがぶで忙しくお口を動かしていた

ジャックさんは何かに興味が湧くと実に丁寧に研究する方なので予想はしていたがこれほどの腕前とは恐れ入ってしまった
ボリュームもたっぷりなのでお若い方にも大満足間違いなし

ああ忘れてた! 店で流れていた音楽が Tony! Toni! Tone!  The Isley Brothers  イヤーーたまげた
申し分無し


本当に美味しい料理とお酒と寛いだお店をお探しのあなたは迷わず 仙台青葉区の ひで屋にレッツラゴー


この下クリック

ひで屋

以上ひで屋情報でした

  1. 2010/02/04(木) 17:28:59|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

紫紅釉薬の小さな器達

画像 1802

私の下着は結構赤です
勝負ナントカと言うわけでは有りませんが 赤い物が好きなのであります
シャツも赤系 ギターも赤い 車も赤 屋根も赤

しかし焼き物の赤いので中国の名品や大家の物を除いて良いと思えるものに殆ど出会ってませんでした
従って目を真っ赤にして苦節100年位
うーーーーーーーーーーーん
うーーーーーーん



結局 色々と本で調べたりしてテストを繰り返してきたがどうも、ありがちな下品っぽい感じでやだなやだなの連発

嫌な物は絶対に嫌だ!

結局今までのテストピースを調べなおしたら あららこれいいんでないのといのが 隅っこのはじっぺで見つかったのであります
当時は興味が湧かなかったようです

少し手直しして 本番でいきなり瓶子に掛けたら良い感じに焼けてしまった

これから又色々と研究に研究を重ねて試行錯誤の怒涛の毎日と相成るわけであります


と言うわけで今年3月16日から21日まで仙台の晩翠画廊で開催する展覧会の作戦が決まりました


晩翠画廊

そんなわけで恒例のこじつけ動画

RHCP - Give It Away (Woodstock '94)



この人たちは超マンネリの大家だな

この時期が一番好き

以上
  1. 2010/02/01(月) 17:41:27|
  2. 音楽と焼き物の関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

元窯

Author:元窯
陶芸家  織部 灰釉 白磁 辰砂など製作

素人ブルースギタリスト

工房 ショップ   宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉逆川9-3
電話  0224  26  9530
メール  oribe.gokuraku@gmail.com

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード